この記事は既にチャットレディのお仕事をされている方向けの記事です。
チャットレディの経験が無い方は以下のリンクで知識を付けるとより理解が深まります。


⇨チャットレディ求人おすすめランキングをすぐに見たい方はコチラ!


「お気に入りのお客さんから連絡先の交換を迫られている…」
「連絡先を交換してはダメってわかってるけど、周りのみんなはどうしているか知りたい…」

ライブチャットはお客さんが連絡をするだけでお金が発生してしまうシステムになっています。
そのため、チャットレディほど連絡先交換を強いられるお仕事はないかもしれません。

しかし、チャットレディのお仕事での連絡先交換は完全に禁止されています。

運営にとっても、女性にとっても連絡先交換は得がないという言い分ですが、実際には連絡先を交換するほうが女性にとっても得がある場合も少なからずあります。
ただ、連絡先交換はNG…
このジレンマに悩まされる女性も非常に多いのではないでしょうか?

この記事では、連絡先交換を強いられた時の対処法や、実際に連絡先を交換してはダメなのか?という点からチャットレディの連絡先交換について紹介します。

連絡先は交換してはダメ!

チャットレディはお客さんに連絡先を聞かれることが非常に多いです。
しかし、チャットレディはお客さんに連絡先を絶対に交換してはいけません。

ライブチャットの運営も利用規約で連絡先の交換を禁止しています。
連絡先を交換することを禁止する理由は、「トラブルが絶えないから」です。

最初は、

「いい人そうだから」
「お金をもってそうだからパパになるかも」

と思い軽い気持ちで連絡先を交換してしまうとあなたの人生を壊してしまう原因になりかねません。

お客さんがどんなにいい人だろうと(実際に本当にいい人ということは多々ある)ライブチャットがきっかけの出会いに運営側は責任を持つことができません。
ストーカーの被害や、自宅の特定などあなたが普通に生活をしている範囲まで侵入してくることも無いとは言い切れません。

会社に勤めている人は、会社に副業をバラされるかもしれないですし最悪の場合アカウントを公開させられるかもしれません。
そのようなトラブルも実際にあるのです。

また、男性はお金を払ってライブチャットを利用しています。
しかし、女性が連絡先を交換してしまえばその男性はあなたにお金を使おうとしなくなります。

連絡先を教えた男性がお金を払わないことはあなたにとっても、ライブチャットの運営にとっても都合の悪いことですから、連絡先を交換して得をするのは男性だけということを理解しましょう。

しつこいお客さんの連絡先交換を断る方法

連絡先の交換を要求されたときに使える言い訳をご紹介します。

禁止項目だからと素直に伝える

実はこれが一番効果的です。

男性は禁止項目だということを意外と理解していません。

禁止項目だと伝える事により、行為を持たれてるあなたがライブチャットにもう出てくれないかもしれないという不安を抱きます。
それに、男性からしても利用規約に反してライブチャットを利用できなくなることは痛手なのですんなりと聞かなります。

ちょっとしつこければ

「ライブチャットで生活を立てているので」
「運営さんにすごい怒られてしまうので」

といった一言を付け加えると良いでしょう。

もう少し仲良くなってから

「もう少し仲良くなってから~」と連絡先を交換する気は無いけどとりあえず言っておきましょう。

「もう少し仲良くなったら良いけど、今はちょっと」
「はじめての人には連絡先は教えられない」

といったように、もっと仲良くなったら連絡先を教えてもいいけど、まだ無理というスタンスを作りましょう。

この方法を使うことにより、「もしかしたら連絡先を交換してくれるかも?」と男性に思わせることが出来たら非常ラッキーです。

連絡先を交換しなくてもいいのに、長時間何度もライブしてくれる太客になるでしょう。

ちょっとだけ無視をする

「連絡先教えて」と言われた時にあえて連絡先を聞かれたことをなかったことにして違う話題に変えていくという手法です。

「連絡先教えて」

と言われても違う話をその男性に振っていくことで、うまく連絡先の話題を振り切りうまくメールをやり取りすることができるので報酬が稼げるようになります。

意外と稼いでいる女の子はこのようなことをしているので、完全に無視をしないでうまく乗り切りましょう。

メールの返信は絶対にしよう

ライブチャットはメールの機能がありますよね。
そのメールの機能で連絡先を聞かれても無視は絶対にするのは辞めましょう。

ライブチャットでのメールは報酬に繋がります。
連絡先を聞いてくる嫌なお客さんだったとしても、ライブチャットでは良いお客さんです。

そういうめんどくさいお客さんでもお金にできるのができるチャットレディなのです。

「ぶっちゃけ連絡先を交換したいと思ってます」

チャットレディのお仕事がどれだけ連絡先交換NGのお仕事だと思っていても、連絡先を交換する必要がある場合だってあるでしょう。

「お客さんがお金持ちで、直接やり取りしたほうが儲かりそう」
「正直、気になっているお客さんがいるから連絡先を交換したい」

様々な理由で連絡先を交換したい場合があるのがチャットレディのお仕事だとも思います。
私も正直、絶対に連絡先を交換してはいけないという縛りのあるルールよりは、個人に任せた連絡のとり方を優先すべきだと感じることもあります。

キャバクラのお仕事だって、お客さんと連絡先を交換して営業をかけますし、チャットレディだってそのような営業の手法はアリでしょう。
ですので、ここからは連絡先を交換するにあたって、気をつけるべきポイントや考え方を紹介します。

あなたの価値を見誤らないで

まず始めにお伝えしたいことは、あなたはメール1通ですらお金の発生する価値のある女性だということです。

普通にお仕事をしていて、メールや電話という連絡をするだけでお金が発生するということはありません。

ですが、チャットレディやメールレディのお仕事ではその連絡にお金が発生しているのです。
あなたにその価値があるからこそ、お金を支払って連絡を取る男性がいるのです。

ですから、仮に連絡先を交換するにしても、そのあなたという女性の価値を自分で下げないで欲しいと思います。

連絡先を交換するにあたっても、無報酬で連絡をしている自覚を持ち、お金を稼ぐために何を重要視すべきか?ということを考えて連絡先を交換しましょう。

連絡先交換には自己責任が伴う

上述していますが、連絡先を交換してはいけない理由はトラブルが発生しても運営側は責任が取れないからです。

そのため、連絡先の交換にはトラブルがつきまとうということを理解しなければなりません。

実際に、

  • 職場や家を特定される
  • ストーカー行為に合う
  • お金持ちだと思って会ったのに全然違う人が来た
  • 詐欺にあった

などなど、自己責任になるトラブルも考えられます。

どれだけ優しい人でも、実際に会ってみたり、連絡を取ってみたりしないとわからないことはたくさんあります。
ですから、連絡先を交換するのには自己責任、そして相手をしっかりと見極めるようにすることが一番大切なのです。

まとめ

この記事では、チャットレディのお仕事で連絡先を交換するかどうか?
という論点について紹介しました。

基本的な考え方は、連絡先の交換は絶対NGだということ。

しかし、連絡先を交換しても良いと感じてしまうことは少なからずあることでしょう。

そのため、連絡先を交換するにしても自己責任が伴うこと、そしてあなたには連絡するだけでお金が発生するということを、頭に入れておきながらお仕事してほしいと考えております。

あなたのチャットレディ生活がより良くなることを願って終わらせていただきます。

注目!

【話題沸騰!】いま最も稼げるチャットレディはココ!