「チャットレディのお仕事でブルセラって言われたけど、ブルセラの意味がわからない」
「制服や下着を販売することだと思っているけどどうなの?」

「チャットレディ ブルセラ」と検索してこのページにたどり着いている人は、上記のように思っている人も少なくないと思います。
チャットレディのお仕事は、ライブ配信をしてお金を稼ぐお仕事です。

そのため、ライブハ配信を盛り上げるためにはコスプレをして、お客さんを楽しませることもあります。

そんな中、下着やコスプレを売って稼いでいるチャットレディさんがいるのも事実です。
この記事では、ブルセラとは?という説明から、実際にチャットレディさんがブルセラでどのように稼いでいるのかをご紹介いたします!

ブルセラとは?

ブルセラとは、簡単に言うと「ブルマとセーラー服」のことを指します。
現在はあまり使われていない言葉ですが、学校で来ていたブルマやセーラー服の略称として今現在も使われています。

よく、ブルセラのことを知らずに、「ブルセラとは下着を販売すること」と思っている方もいますが、本当の意味合いは「ブルマとセーラー服」のことを指しているのです。

ブルセラショップ

ブルセラショップとは、女子高生の中古の制服や体操服を取り扱っているお店のことを指します。
このブルセラショップは、女子高生から制服やブルマを買取、実際に販売することから、ブルセラショップと呼ばれるようになりました。

当然、女子高生がお金を稼ぐ方法はそこまで多くないですから、「自分の制服が高く売れるなら」と感じて制服やブルマを売る女子高生が増えた事が社会現象にまでなったそうです。

販売されている物:

ブルセラの語源になっているブルマやセーラー服に限らず、体操服や水泳の授業で使った水着なども男性向けに販売されていました。

また、学校で使用する制服やブルマ・体操着だけでなく、一般に使用している下着や靴下、靴など身につける物も販売されていました。

男性のお客さんは、女子高生が身につけた制服や、下着を購入するために非常に高い金額を払っていたようですから、次第に女子高生側も「売れる物ならなんでも」という形でどんどんとブルセラの意味合いが広くなったそうです。

そして今、チャットレディから風俗のお仕事まで、男性を興奮させるためにブルセラという形で今もなお下着やコスプレの販売が盛んに行われているのです。

チャットレディは下着販売で稼げる?

ここからが本題です。

「チャットレディ ブルセラ」と検索してきたあなたは、「実際に下着販売で儲かるのか?」という観点からこの記事を読んでいることでしょう。

結論は、儲かります。

男性の性的な好みがあまり変わっていないこと、そしてブルセラが流行した時代の男性がお客さんとしてライブチャットサイトにアクセスしていることから、下着やコスプレ販売の需要はまだまだあるのが現状です。

そして、チャットレディとブルセラ販売の親和性は非常に高く、「実際に着用している証拠がある」という事実から、お客さん側も偽物を掴まされる事なく購入出来るので、ブルセラ販売の需要は存在しているのです。

実際に下着を販売するといくらで売れるのか?

実際にツイッターやインターネットの市場、そしてチャットレディのフリマを調査し、どれくらいの金額で販売されているのかを調べてきました。

下着販売の値段:

  • パンツのみ:2000円
  • 上下セット:5000円
  • 着用回数オプション:500円/回

以上が下着販売の相場感のようです。

実際に、販売してみるとわかりますが、実際には自分が好きな値段で下着を販売することが出来るので、自分にベタぼれのお客さんであればもっと高い金額を提示しても販売することが可能です。

実際に、私の知り合いの女性はパンツをなんと50,000円で販売しているとおっしゃっていました。
その女性の営業努力もさることながら、非常に強気な金額で販売しているのは非常にすごいことだと関心しました。

チャットレディのフリマ市場

「実際に履いていることが証拠としてわかる」ことから、チャットレディのフリマ市場は非常に盛んです。

実際に、下着販売をするだけで月20万円を稼いでしまう女性も実際にお話をしたことがありますし、実際に払う男性にお会いしたこともあります。

そして、女性側はライブチャットサイトのシステムを使用して販売をするため、住所の特定も100%ない状態で販売しているのです。
そういった側面からも、チャットレディのフリマ市場というのは非常にバブルの状況だということがわかります。

まとめ

チャットレディのブルセラについて紹介しました。

ブルセラはそもそも「ブルマとセーラー服」の省略の言葉ですが、当時の女子高生が「売れるなら」と、どんどん自分の下着を売ったことからブルセラの意味合いが広がりました。

そして今、インターネットが発達した現在、履いているという証拠を残せるチャットレディという市場の中にもブルセラという概念が残っています。

実際に、下着一つに高い金額を払う男性も少なくありません。

下着販売で生きていけるとまで断言するつもりはありませんが、まだまだブルセラ・下着販売で稼げることは間違いなさそうですね。