⇨チャットレディ求人おすすめランキングをすぐに見たい方はコチラ!

ライブチャットで性器を出すのはアウト

アダルト系のライブチャットであっても性器を出すのは法律で禁止されています。

パーティーチャットはもちろんのこと、ツーショットチャットであってもです。
しかし、実際には性器を見せている女の子がいるのも事実です。

すべての女の子を完璧に監視することは難しいのが現状です。

ですが、性器を出すことによるリスクは非常に高いものになっています。
ライブチャットのサイトで性器を出したことにより、ライブチャットのサイトが閉鎖されチャットレディとして働いていた女の子が警察の取締に会ったケースも若干ながら存在しています。

女の子が性器を見せた事により、公然わいせつ罪に該当したケースです。
当然、運営側にも問題があったようですが、稼げるからという理由で性器を出すのはリスキーだということが当時は相当問題になりました。

ツーショットや、完全会員制のサイトもありチャットレディが公然わいせつ罪に問われるようなことがないとされているサイトですらリスクがゼロではないということを予め理解していなければなりません。

性器を見せるのはどこまでOKか

稼ぐためにはギリギリの範囲まで見せたいという人もいるでしょう。
性器を見せれる範囲までを説明します。

サイトにより、見せることの出来る範囲はそれぞれですが一般的に言われているのはビラビラが見えるとアウト、という認識がよく言われています。

実際に、ビラビラが見える範囲まで見せている女の子のライブチャットが強制終了された事例もあります。
性器の色が変わっているところは見せないほうが無難でしょう。

またおっぱいや乳首に関しては見せても大丈夫です。

どんなふうに隠せばいいのか

法律上、性器を見せなければ犯罪に問われることはありませんから隠し方によっては完全に何もみにつけていなくても大丈夫なのです。

パンツを脱いでいる場合、とても性器が見えやすい状態になっているはずです。
そのため、手やおもちゃなどで隠すなどの工夫が必要です。

注意点としてパンツを履いていても透けていて見えたらアウトなので気をつけましょう。

バックの態勢でお客さんに見せる場合など意図せずに性器が見えてしまう場合があります。

そのため、常に性器が見えてしまわないかを考えながらチャットレディのお仕事をするようにしましょう。

既に性器を見せてライブチャットをしてしまった

過去に性器を見せてしまった。この場合は逮捕される可能性はあるでしょうか?

答えは現実的にはまず逮捕されることはないでしょう。

理由としては、あなたはあくまでも働いている身だから、という点です。

ライブチャットで性器を見せて逮捕されるのはサイトの経営者です。

チャットレディはあくまでも業務提携者です。

公然わいせつ罪の対象になるのは、不特定多数の人に対してわいせつ画像を閲覧できる状態にしている人です。

つまり、ライブをたくさんの人に見れるようにしているサイトの経営者です。

なので、女の子が罪に問われることはありません。

ただ、サイトの経営者があなたが性器を出したことにより逮捕された場合、あなたに事情聴取のような形で警察から連絡が行く可能性が非常に少ないですが考えられます。

その場合には、仕事柄誰にも知られたくない節を警察の方に丁寧に話しましょう。

罪を犯しているのはサイトの経営者なので、あなたに責任はありません。

罪を犯していないあなたの生活を乱すことは誰にもできないのでそこは安心していただいて大丈夫です。

まとめ

チャットレディのお仕事では性器を出すことは禁止されています。

性器をギリギリまで見えるようにパフォーマンスするのは女の子の仕事ですが、リスクを犯す必要はありません。

くれぐれも、禁止事項には引っかからないようにしましょう。

注目!

【話題沸騰!】いま最も稼げるチャットレディはココ!

おすすめのチャットレディサイト

VI-VO(ビーボ)

登録ボーナス8,000円!業界大手のポケットワーク運営のチャトレサイト!

詳細を見る

モコム(mocom)
チャトレもメルレでも大活躍!ビーボの次に人気のチャットレディサイト!

詳細を見る

ガールズチャット

最高時給は7,200円!自宅で稼ぐことができる高収入のカンタンアルバイト!

詳細を見る

チャットレディをこれから始めたい方へ

実際にチャットレディを始めるなら

おすすめのライブチャット代理店